• phytofuco

先生の治療を受けました♪その②

一か月以上も前の話ですが、先生の指圧治療を受けてきました。

私も先生のような技術を身に着けるために、頑張らなきゃっと思ったときにのお話です。


以前のブログにも書きましたが、鍼灸学生になると先生の治療を「学生プライス」で受けられるのです。

私の通う学校には学校付属の治療院が併設されているのです。

一般の治療院よりお安いのでぜひぜひ治療を受けに来てください♪おすすめです。


fucoが通う学校は、あん摩・マッサージ・指圧師、鍼灸師の資格を取得するための学校なので実技が5つもあります。


fucoが一番好きな実技が「指圧」

「指圧」というと「指でぐいぐい押しちゃう」と思われる方が多いと思うのですが、実は「指で押す」のではなく「指を患部に当てて、全身で圧をかける」のが「指圧」です


指圧は単にコリや張りのあるところの筋肉を押して、緩めるものと思っていたのですが、違うのです。

「鍼のような指圧」あるのです!!


すでに何度も弱音を吐いていますが、fuco。実技の鍼が苦手なのです…


鍼を指すときに、当然ながら技術不足は「痛い」のです

ビビッて鍼を刺すと「痛い」ので「スパっ」と行う方のですがこれができません。

「痛くないかな?」と思って弱気になるのです( ;∀;)

自分の太ももには『スパっ』といけるのですが、クラスメイトとなると気後れしてしまうのです。

あまりにも技術が上達しないので、とても落ち込み「鍼灸師になれるのかな?」

なんてこぼしてい「たら鍼が苦手なら、指圧の腕磨こうね」と言われたのです


「鍼のような指圧」と聞いたら受けたくなるじゃないですか!!

テストが終わってすぐに受けました!!

受けた感想は…そりゃーも―「最高」の一言に尽きます!!


丁寧に経絡に沿って、じんわり、深く、的確に指圧を入れていくのですが

場所によってベットから転がり落ちるほどの「痛み」を感じたり

「筋肉がジワジワと緩んでいく」のを感じました


そして「経絡治療」というのはやはり「リフレクソロジー」と似ているなーと改めて実感しました。



fucoの行うリフレクソロジーは「ソレンセン式神経反射療法」ですから、東洋医学を基盤としたリフレクソロジーなので共通点を見つけやすいのかな?


わかりやすい共通点としては

「主訴とは違う場所に刺激を入れる」という点


例えば「肩甲骨周りの筋肉のこわばり」

経絡治療では「経絡」で緩めていく

この時選ぶ経絡を見立てるようになるのにただいま勉強中!!


リフレクソロジーは「肩甲骨周り」に対応する顔・手・足にある反射区を刺激していくのです!!

もちろんソレンセン式は一般のリフレクソロジーとは異なり、不調の要因となる「経絡」もちゃんと刺激するのです♪


指圧だけでこれだけ体がスッキリし、主訴が軽減されるなんて正直、思ってもみませんでした!!


この指圧、絶対マスターしたくなりました♪

そのためには「正しい取穴」ができないといけません。

取穴とは経穴=ツボを正しくとることをいいます。


経絡治療のできる「あはき師」なるのには学校の勉強以外にも、もっともっと学ばなくてはとてもマスターできません。

それだけ奥が深い「東洋医学」「経絡治療」!!


すぐに追い込んでしまうけど、後期はもう少し周りを見ながら勉強していけるといいな。

そして、もっといろいろな先生や治療院に行ってみたくなりました。


夏休みの間に 「美容鍼」体験をしてきたことも書けるといいな。

これも、すごく衝撃的な事!!ありました♪


「美容鍼」もやりたーい♪


と、夢ばかりが膨らむアラフィフfucoです


  • Facebook - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle