【fucoのツボ】玉枕(ぎょくちん)BL9

更新日:2 日前


『玉枕』は国試対策で

「横並び経穴」と「支配神経」で苦労しました


外後頭隆起上にある経穴と

外後頭隆起直下にある経穴が

ゴチャゴチャになってきて

支配神経も覚えなきゃだし…

格闘しまくり

鬼の形相で必死に覚え


覚えたー♪と思って

次の課題に取り組んでしまうと


アウト―!!忘れちゃう(笑)

脳みそのキャパオーバー


テストになるとなぜか

アレ?どっちだ?

うーん…となるわけです


そんな苦労をした『玉枕』

漢字の成り立ちからとしてはとてもシンプル


『玉』=尊いもの、丸いもの=脳

脳を乗せる『枕』で『玉枕』

古代中国では後頭骨の事を「枕骨」と呼んでいたという説もあります。


治療としては後頭部の痛み、肩こり・頭・目・鼻などの不調に使われることもあります

ツボの特性(穴性)でも『清頭目、開鼻竅』とあり

『眼と頭が清らかになって、鼻の穴が開くとイメージできますね。


漢字は書くのは厄介でも

読めなくてもなんとなーく漢字の字面からして意味が分かるのがちょっと嬉しい


セルフで押しても気持ちいいです。

スマホ首になりがちの方。

イタキモポイントです


fucoはエネルギー的に

とっても大切にしているツボです

第6チャクラに関連しているとも言われています


諸説ありますが

チャクラと経穴は密接していて

チャクラの出入り口が経穴であるという説を

私は信じております


以前はシンギングボウルの時などに

このあたりの話をサラリとしていましたね~

オタク度MAXです(笑)

いつかまた、再開したいですね

講座なども…リクエストお待ちしております!


とにかく『玉枕』は優しく扱います

肩コリ・眼精疲労でも

鍼を刺すのはためらいます


ザクザク刺したい!という方もいますが

fucoはなるべく他の経穴からアプローチしたいところですね~


『玉沈』にアプローチするなら指圧で反応を見ながら

『心地いい』圧で整えていきたいですね!!


いろいろなやり方があります

自分に合うやり方を探してみてください♪


=========

【玉沈(ぎょくちん)】

足の太陽膀胱経 BL9

部位: 頭部、外後頭隆起上縁と同じ高さ、後正中線の外方1寸3分 

筋肉: 後頭筋

筋枝: 顔面神経(後頭枝)

皮枝: 大後頭神経

=========



【参考文献】

『新版 経絡経穴概論』 編者:日本理療科教員連盟、公益社団法人東洋療法学校協会

著者:教科書執筆小委員会(医道の日本社)

『経穴主治症総覧』編著者:池田政一(医道の日本社)

『藤本蓮風 経穴解説』著者:藤本蓮風(メディカルユーコン)

『ツボ単』監修:形井秀一、高橋研一 著者:坂元大海、原島広至(エヌ・ティー・エス)

『カラー版経穴マップ』著者:王暁明(医歯薬出版)

最新記事

すべて表示