top of page

【fucoのツボ】照海(しょうかい)KL6


【照海】「しょうかい」と読みます

このツボは学生時代の私には

たいへん思い出深いツボの一つで

忘れられないツボです


私たちが覚えねばならなかった

361穴のツボの中で

「しょうかい」と読むツボは3つあり


❶小腸経の「小海」

❷心経の「少海」

❸腎経の「照海」


どれがどの「しょう」なのかこんがらがってしまうことが良くありました

これを、わかり易く説明してくれた人がいたのです


その人はあん摩がとても上手で

とても親切で心根の優しい青年で

あん摩の実技練習に良く付き合ってくれました

アラフィフfucoは手指の関節が硬くなっていて

あん摩の動きが出来なくて

腱鞘炎になってしまうことがとても多かった


そんな私の練習に付き合ってくれました


実技のペアの時に彼と組めるときは

あまりの気持ちよさに爆睡してしまいました(笑)


そんな思い出の「照海」は

臨床上、非常に出番の多いツボの一つです


fucoは触診の際に必ず

「照海」の状態を確認しています

優しくつまむだけで痛がる人もいれば

硬結を押しても何も感じない人もいます


伝統的な東洋医学の触診でも

現代的な触診でも大変重要な「照海」


腰痛の中でも、後屈(上体を反らすときに)で痛みが強くなる時には治療穴に選穴することが多いです


そして

ほうれい線に悩む方にも良きツボなんですよ~

是非ともご活用ください(笑)


「照海」の名前は

◎経気が「海」のように集まる

◎「海」を「照らす」ように、眼に光明を与える

というところから名づけられました


足首のツボがなぜ「目」に良いのかというと

経絡の流れに理由があるのです。

奇経八脈の陰蹻脈がここから始まり、内眼角で陽蹻脈に合流するため、眼にも良いのです。

陰蹻脈のルートは喉を通るので喉も良いと言われてます。

経絡ってね本当にすごいのです!!


腎経のツボですから

足関節障害、婦人病、泌尿・生殖器系疾患、不眠症、むくみ、アレルギー体質などにも用いられる出番の多いところです。


特に冷え性の方にはここへのお灸はおすすめ。


「温めるは正義です!」

fucoは「お灸ファン」を増やすべく

地味な活動を始める予定です♪


=========

足少陰腎経

八脈交会穴

部位:足内側、内果尖の下方1寸、内果下方の陥凹部

筋肉:後脛骨筋(腱)、長趾屈筋(腱)

筋枝:脛骨神経

皮枝:伏在神経

=========


【参考文献】

『新版 経絡経穴概論』 編者:日本理療科教員連盟、公益社団法人東洋療法学校協会

著者:教科書執筆小委員会(医道の日本社)

『経穴主治症総覧』編著者:池田政一(医道の日本社)

『藤本蓮風 経穴解説』著者:藤本蓮風(メディカルユーコン)

『ツボ単』監修:形井秀一、高橋研一 著者:坂元大海、原島広至(エヌ・ティー・エス)

『カラー版経穴マップ』著者:王暁明(医歯薬出版)

最新記事

すべて表示

Коментарі


bottom of page